読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目黒IT系 丸顔広報のブログ

目黒にあるアプリ・レジャー予約サイトの広報です。広報のこと、グルメのこと、どうでもいいことを書きます。

2016年、どろん!

みっかぼうず!

ブログって、なにも考えずに書くとひどいもので、誰かが見てくださるかもしれないと考えると恥ずかしくてどんどん下書きばかり溜まってしまいます。だめだめだね〜

 

 

ー歳をとると1年が短く感じるのよ。ー

 

よくいう言葉だけど 本当かもしれない。

学生時代も1年が早くてあっという間に感じていたし、大学時代なんてすぐに終わってしまったように思うから、若くても1年は短い、と思っていたけど

今の方がずっと多くのひととの関わりがあったり(深い関わり、という意味で)、出会いや離れていくことが頻繁に行われているからか、本当に日々があっという間に過ぎ去っていく感覚がある。

 離れるっていうと大袈裟だけど、出会いの数と比例して会えない期間が増えるのは当たり前のことで

 

3ヶ月前にたくさん会っていたひとと今はあまり関わっていなかったり

3ヶ月前は知らなかったひとと仕事をしたりプライベートを共に過ごしたり

日々すごいスピードでたくさんの体験ができていることが幸せだし、半年後の自分はなにに全力でいるのか、想像できなくてわくわくする。

 

1年間、たくさんのひとと出会いすぎて色々と忘れていたので、さっきざっと1月から一ヶ月ずつ仕事内容とプライベートを思い返してみた。

恥ずかしくて公開はできないけど、多くの体験と出会いによって得たものはたくさんあったと思います。

精神的にはあまり変わらないけど、行動範囲とかできることは増えた気がする。自分なりに一生懸命生きて、すこしは未来の糧になるなにかを残すことができたなあ、と思えました。

思い返してみるまでこの感覚は漠然としていて、一瞬でおわってしまったことへの焦りの方が印象として濃く残ったかもしれない。

あまり過去を振り返らない主義なので(笑)初めてこういうことをしたけど、31日くらいはいいのかもしれないなあ。

 

話せるとこでいうと、ドローンx富士山撮影が成功したのが4月あたま?会見したのが4月末で、まだ一年もたっていないのはびっくり!

一年前は、あんなショーができるなんて想像もできなかったし正直失敗するかも、ってドキドキだった。あの頃毎日感じていたヒヤヒヤ感をすごく遠くに感じる。

 

WSJとかvergeとかに取り上げてもらえたり、BtoBでベンチャー企業なのにこんな体験をさせてもらえて。

最近では50台近くでショーを成功させたらしい。感慨深いなあ

あだちも今もたまーにドローン飛ばしています。今はこれがほしい〜!

www.drone.jp

都内で飛ばすには200g以下じゃなきゃだめなんだけど、199gで画質も綺麗みたい。

ほしいなほしいな!ていうか技術進歩しすぎ!

 

こういう技術の進歩を前にすると、わたしの得たものなんてとっても小さいし、”成長した”という言葉はなんだか陳腐であまりつかいたくないんだけど

この一年、がんばりました。みなさん、お疲れ様でした!

 

 

なんか話があっちゃこっちゃしちゃったから、最後におにく!

 f:id:renaaa:20161231131719j:image

 浜松町のくにもと。

ナイス2016おにくでした。

 

また来年もよろしくね!

どろん!